Monthly Archives: 1月 2017

ピンサロのはじまりと風俗史

ピンクサロンの発祥は1960年とされています。ルーツを辿ると、昭和30年代くらいのキャバレーだといわれています。
ピンクサロンは、女性店員がフェラチオを主とした性的なサービスで接客する風俗店。ソフトドリンクやアルコール飲料も提供される。
略してピンサロ、サロンと呼ばれ、同義語にピンキャバがある。
ピンクキャバレーやネグリジェサロンなどと呼ばれるおさわり専門の業態に、口での『抜き』(フェラチオ)サービスを取り入れ、現在の形が完成したものです。
1977年にブームとなり、1980年代に入ってからは本サロなどと呼ばれる本番サロンが登場したり、サービス内容が過激化していきました。
店内は足元をライトで照らさないと歩けないほど暗く、大きな音でBGMがかかって店員のアナウンスがあり、店内を盛り上げたそうです。
しかし、サービスが激化していったことで全国各地で警察の取締りが強化され、摘発があいついだことによりピンサロのブームは間もなく終幕を迎えました。
残念ながらブームが去った現在店舗の数は減少傾向にありますが、それでも根強く営業を続けているお店はまだたくさんあり、各店舗ごとに趣向を凝らして営業を行っているようです。
中には、東京セクキャバや大阪 セクキャバとして生まれ変わる店舗も少なくありません。
かつてはロンドングループや日の丸グループといったところがが有名でしたが、現在東京都内では大きな看板を掲げているところは少なくなりました。
こういったピンサロが減少する中、首都圏の東京風俗業界や大阪 風俗業界では、新たな風俗の業種が増え、東京など首都圏エリアの大阪 高収入の求人などを求め、風俗嬢に移籍する女性が流れてきました。
但し、地方に行けば、まだまだピンサロが根強く存在する地域もあります。
さらに現在では、性感回春エステなどのさらなる風俗の業種がブームになるなど、常に時代の流れによって、需要と供給の変化が見られるようになりました。